FC2ブログ

いつもと同じ・・・なんてない。

昨日いらっしゃった90歳代前半の女性。
定期的にいらっしゃり、最近は左股関節周囲から
左大腿部の痛みを訴えてくる。

約15年前に左股人工関節置換術を行っていて、
そろそろ対応年数は限界に近いと思われるが、
整形外科では術部に関して特に異常はないと言われている。

いつもはレッグチェックにて疼痛原因である大腰筋の操体法
またはマッサージで疼痛の7割は治まり、納得して帰宅される。

今回はいつもの左股関節周囲~大腿部の疼痛と
部位は同じなのに、疼痛レベルが全く違う。
いつもの2、3倍の痛がり様。

朝目が覚めて、いつも2~3分ベッド上で準備運動のようなもので
足を動かしていて、起き上がろうとした時に痛みが出たとのこと。
打撲や脱臼はない。

もう数十回と同じことをやってきた方で、
今回もレッグチェックで大腰筋の反応が出た。
仙腸関節の反応もあり、そちらも行った。

「これ、治るかね?」
と女性が尋ねたので安心させる意味も含め、簡単に
「大丈夫。治ると思いますよ」
と答えてしまった。

しかし、全く疼痛レベルに変化がない。
治療法をマッサージ、操体法と変えてみても変化がない。
2度やっても変化無し。

他の原因を探してみたが、大腰筋と仙腸関節以外に出てこない。

結局、疼痛を緩和できないまま治療を終え、帰宅することになったが
わずかでもと思い、帰宅直前にアイシングだけ行っていただいた。

気持ちがいいとおっしゃられていたが、福岡は気温25度を超える
暑さもあって、アイスパックが気持ちよかったのかもしれない。

15分のアイシングが終了し、痛みに変化はなかったが納得して帰宅された。


いつもと同じ患者で、レベルは違うが同じ部位の痛みの訴え。
反応も同じ。同じ治療法。

何が間違っていたのだろう・・・。

そう・・・。わかっているはずなのに、まだわかっていない

同じ症状だから同じ治療法

これでいいはずがない。

「わかっている」・・・が、「わかっているつもり」
だけだったのかもしれない。

次回いらっしゃった時はもっと違う視点を持って、クリアにして診てみよう。

毎回それを心掛けているつもりだが、まだできていないのか・・・。

「慢心するんじゃない」という自然からの警告だと思う。

それに気づかせてくれたことに感謝しよう。


にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あびっこ

Author:あびっこ
治療家として10年。
経験や師の教えなどを基に、
健康になるための考え方や
セルフケアなどを書いて
いきます。

アビスパ福岡を中心にプロ
スポーツのことも書いて
いきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問された方
リンク
ありがとうございます
Amazon

万病を治せる妙療法―操体法 (健康双書ワイド版)

新品価格
¥2,160から
(2018/6/1 00:08時点)

検索フォーム
楽天
イトーヨーカドー
関連商品を

脳バランス力とこころの健康 [ 坂野登 ]

価格:2,160円
(2017/9/27 02:11時点)
感想(0件)

健康は足元から
ランキングに参加中です